チャレンジ概要


◆目的◆
私たちはミニモトを通じて国内のモータースポーツを底辺から盛り上げるべく活発に活動を行っています。
この度、日本のミニモト界を更に活性化することを目的として2012年5月にアメリカ合衆国ラスベガスで行われる世界で一番大きなミニモトレース MiniMoto SXへの参戦を計画致しました。

◆チーム体制◆
チーム監督 #330 元木龍幸(国際A級ライダー)
ライダー   #411 長田智邦 (国際A級ライダー)
        #929 中山 裕 (国際A級ライダー)
        #166 伊倉広夢 (国際A級ライダー)
メカニック  #5 倉ロッコ
デザイナー  #903 くまさん
動画担当   #63 KAZUYUKICKさん
ブログ・広報 #178 minimotoと戯れる

◆TEAM JAPAN BOSS RACING応援サイト◆


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝翌日

0508-1

決勝翌日は後片付けで午前中からスタッフが集まりました。
この日は、ベガスに来て以来の猛暑! がっつり晴れていて、強い熱風が吹く中の作業。
非常に乾燥しているため汗は出てきませんが、日に当たるとジリジリと焼けるような暑さが
襲ってきます。

0508-2
バイクは出来る限り全部バラバラにします。

0508-3
そして、経費節約のため、手荷物として持ち帰る部品と発送する部品とに区分けします。
エンジン、燃料タンク、キャブ、フォーク、ショック等、オイルやガソリンの臭いがあるものは
手荷物として持ち込むことができません。
フレーム、リム等の部品をそれぞれのスタッフのバッグに詰め込んでいきます。

0508-4
タイヤは嵩張るので廃却予定でしたが、近くで片付けをしていた地元のチームから工具を借りた
ので、そのお礼に差し上げましたw

0508-5
元木監督も率先して梱包作業を進めます。

0508-6
意外にも、フレームがギアバッグに入りました!

0508-7
お昼過ぎまで梱包作業を行いました。
スタッフのみなさんお疲れ様でした!

これでいつでもLAに帰ることができますが、その前にAMAスーパークロス最終戦の観戦デス☆

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー
リンク
BOSS RACINGのつぶやき
    follow me on Twitter
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。