チャレンジ概要


◆目的◆
私たちはミニモトを通じて国内のモータースポーツを底辺から盛り上げるべく活発に活動を行っています。
この度、日本のミニモト界を更に活性化することを目的として2012年5月にアメリカ合衆国ラスベガスで行われる世界で一番大きなミニモトレース MiniMoto SXへの参戦を計画致しました。

◆チーム体制◆
チーム監督 #330 元木龍幸(国際A級ライダー)
ライダー   #411 長田智邦 (国際A級ライダー)
        #929 中山 裕 (国際A級ライダー)
        #166 伊倉広夢 (国際A級ライダー)
メカニック  #5 倉ロッコ
デザイナー  #903 くまさん
動画担当   #63 KAZUYUKICKさん
ブログ・広報 #178 minimotoと戯れる

◆TEAM JAPAN BOSS RACING応援サイト◆


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加クラス

100320-1

今回のチャレンジで#192長田選手、#166伊倉選手が出場するクラスについて。

出場車両はリム径がF14インチ以下、R12インチの車両が対象になります。
#192号はKLX110ベース、#166号はBBRV3 Perimeter Mid-Size Pro
というフレームキットを使い、F14、R12車体にモンキー系エンジンを搭載した
特殊な車両になっています。
日本のクラスに置き換えると、スーパーオープンクラスということになりますね。

レギュレーション的な中身はスーパーオープンクラスとほぼ同一ですが、興味深いのは
MMSXのレギュレーションではホイールベースの規定が定められていることです。
これは、大き過ぎる車体にホイールサイズだけ合わせて出場できないようにする施策だと
思われます。
ちなみに、このクラスのホイールベースは1245mm以下となっています。

上記車両で参加するクラス内訳は以下の通り。

MM12A・・・アマチュアクラス
MM12E・・・エキスパートクラス(賞金アリ!!)
MM35+・・・35歳以上クラス

#166伊倉選手はMM12A、MM12EのWエントリー
#192長田選手はMM12A、MM12E、MM35+のトリプルエントリー!!!

そして、エキスパートクラスで外国人TOP8に入った場合!!
大トリレースとして用意されているワールドファイナルクラスへ出場することができるのです!
このクラスは、各エキスパートクラスでTOP3に入ったライダーと外国人出場者の中から
選ばれたTOP8ライダーによって行われる実質世界一決定戦とも言えるレース!!
このクラスに出場できることが、密かな最終目標だったりします☆

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサー
リンク
BOSS RACINGのつぶやき
    follow me on Twitter
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。